たけうち小児科

WEB受付はコチラ

たけうち小児科

WEB受付 電話

診察案内

一般診察

ねつ

お母さん・お父さんのお悩み

  • 何度以上から熱?
  • 毛布で包んだ方がいい?
  • 冷やした方がいい?
  • 熱を下げる薬は
    使ったほうがいい?
  • 40℃超えたけど・・
  • もう3日目・・
  • 熱性けいれんって
    よく聞くけど起こすのかなあ
  • 頭って大丈夫なのかなあ
  • 周囲で
    あれこれ流行してるのも
    気になるなあ
  • 登園登校できないなあ・・
    はあ・・仕事休まなきゃ・・

ねつ

ねつの原因は、のど、はな、みみ、むね(気管支、肺、心臓)、おなか、おしっこ、あたま、ひふなど、可能性を挙げればキリがありません。原因によって治療法は様々。「鼻だろう」「耳だろう」と決めつける前に、本当は何が原因か全身を探ることが非常に大切です。原因を解明して、早く登園登校して、また元気いっぱい遊ぼう!

はな

お母さん・お父さんのお悩み

  • ずっと鼻水がでてるなあ
  • 透明、黄色、緑、
    鼻血混じり、ごはん粒混じり
  • 固まってもはやハナクソに
  • 鼻がつまってるなあ
  • くしゃみが出るなあ
  • なんか口臭くない?
  • 鼻血がよく出るけど、
    病気なのかなあ?

はな

鼻水の原因ですぐ思いつくのはカゼですよね。そこでカゼ=抗生剤と思っている方、ちょっと待った。カゼの80〜90%はウイルス性なんです。

なので菌を殺す抗生剤(抗菌薬)をウイルスが原因のカゼで飲んでも効果はありません。むしろ副作用(ゲリ・耐性菌の出現やアレルギーなど)のリスクを上げるだけです。たけ小では不要な抗生剤は一切処方しません。はなの原因は他にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などもよく見られます。

その際はカゼと治療方法・期間が変わってきます。また、鼻水が出ているときは“鼻”に注目が集まりがちですが、実は気管支炎、ぜんそく発作や肺炎を起こしている場合も。鼻水を見た場合、聴診器で呼吸状態をしっかりとチェックすることは欠かせません。鼻血の原因は様々。

みみ

お母さん・お父さんのお悩み

  • みみを触っているのはなんで?
  • 不機嫌なのはなんで?
  • 痛いの?耳アカ?
    耳掃除のせい?中耳炎?
  • 中が見えないから
    分からないなあ
  • 耳掃除嫌がるから
    耳あか取ってくれないかなあ

みみ

見た目では分からず、不安になる臓器の中の一つ、耳。外耳炎や中耳炎であればお薬が必要な場合があります。しつこい中耳炎で鼓膜切開等の処置が必要な時は耳鼻科へ紹介致します。その他には外耳道湿疹や、何かモノが詰まった(おもちゃ、マメ、小さな玉、昆虫、その他想像を超える何か)なんてことも。耳掃除だけの受診でも全く問題ありません。

のど

お母さん・お父さんのお悩み

  • 「のどが痛い」と言う
  • ヨダレが多いなあ
  • 舌やほっぺたの内側に
    何かあるぞ?
  • 歯ぐきの色が変じゃない?
  • 口の中を切っちゃった

のど

のどの赤みや痛みは、ほとんど抗生剤がいらないカゼであることが多いです。しかし赤みの程度、季節や周囲の流行状況によっては様々な病気を考えます。溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、ヘルパンギーナ、手足口病、扁桃炎、真菌(カビ)感染症、ヘルペスウイルス感染症、EBウイルス感染症、RSウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症、 外傷、異物など。診察の時になって「痛くないよ」なんてこともありますが、気にせず受診してください。

アレルギー

お母さん・お父さんのお悩み

  • 食べた後からブツブツが・・
  • かゆがっている
  • うちの子アレルギー?
  • アレルギー検査って必要なの?
  • アナフィラキシーに
    ならないかな?
  • アナフィラキシーって
    そもそも何?
  • 気にしたことないけど
    「アレルギー検査して下さい」
    って言われる・・
  • 給食は、遠足は、
    お泊まりは、どうなる?

アレルギー

食べ物(タマゴ、牛乳、豆、果物など)、 ダニ、ハウスダスト、植物の花粉(スギ、ヒノキ、カモガヤなど)や動物の毛など原因は様々なアレルギー。昔と違ってかなり身近な存在になり、“アナフィラキシー”や“エピペン®︎”なんて言葉もだいぶ有名になりました。食べ物アレルギーは場合によっては命の危険があるため、厳重な注意が必要です。

しかしアレルギーと思い込むあまり、不要な食べ物除去がなされている場合も少なくありません。過剰な心配もまた問題となってきています。アレルギー検査は必要と判断する場合のみ行います。

びえん 花粉症

お母さん・お父さんのお悩み

  • ずーっと鼻水せきが出てるなあ
  • 夜や朝のせきがひどいなあ
  • 鼻がつまって寝苦しそうだなあ
  • この季節だけ鼻が苦しそうだなあ
  • カゼかな?
  • カゼ薬効かないし、カゼとは
    違うような気がするけど・・

びえん 花粉症

鼻水、鼻づまり、クシャミ=カゼとは限りません。それは花粉、ダニ、ホコリなどが原因の花粉症やアレルギー性鼻炎かも。

花粉症やアレルギー性鼻炎の苦しさは、経験者でないとなかなか理解できないもの(たけ小の医師もアレルギー性鼻炎持ちです)。花粉症や鼻炎は疲労、イライラ、睡眠の質低下、日中の眠気、学校(お勉強、スポーツ)や仕事での集中力・生産性・認知機能低下を引き起こし、生活の質に直結します。

また家族内で複数人がアレルギー性鼻炎であることも多く、兄弟や親子で治療している方々もいらっしゃいます。たけ小では必要時はアレルギー検査を行い、適切なお薬で治療を行います。

ぶつぶつ

お母さん・お父さんのお悩み

  • 突然出てくる不気味なぶつぶつ
  • 痛い?かゆい?
  • 何か塗った方がいいのかなあ?
  • 人にうつるの?
  • 登園・登校はできるのかなあ?
  • 仕事休まなきゃいけない?

ぷつぷつ

ぶつぶつは生後間もなくから大きい子まで起こり得ます。ぶつぶつはいつ見てもドキッとするもの。原因を考えると色々と想像が膨らみます。何かに感染した?アレルギー?虫?草?外傷?

中には大きな病気の中の一つの症状としてぶつぶつが出ていることもしばしば。さらには、ぶつぶつと思っていたら実は出血であることもあります。周囲の流行状況はもちろん大事な情報ですが、決めつけにはご用心です。

かさかさ

お母さん・お父さんのお悩み

  • いつもかさかさしてるなあ
  • ボリボリとキズだらけになるまで掻いて・・つい言っちゃう
    「掻いちゃダメ」
  • 夜もボリボリ痒そうだなあ
  • 親がアトピーだからこの子も?
  • そこまでひどくないし、
    熱もないし、おおげさかなあ。
    そのうち強くなるさ・・?
  • 薬使ったけどずっと繰り返すから薬が効いてないのでは?
  • ステロイドは嫌だなあ・・

かさかさ

多くの子が悩んでいるのに、問題ととらえられにくいお肌のかさかさ。実は大きな問題です。かさかさとアレルギー発症の関連がようやく有名になってきたこともあり、お肌に注目が集まっています。かさかさ問題で忙しくイライラする日々。かさかさの悩みが解決するだけで本人はもちろん、周囲の家族への多きなメリットがあることを実感することと思います。受診のたびに徐々にコツを掴んだお母さんお父さんたちは、まるでお肌のプロのようになっていきます。「かさかさくらい・・」と思わずに。

せき、ゼーゼー、ぜんそく

お母さん・お父さんのお悩み

  • ゴホゴホ?コンコン?
  • ゼーゼー?ゴーゴー?
    ヒューヒュー?
  • カゼ?
  • 肺炎?
  • ぜんそく?
  • そもそもぜんそくって何?
  • 「ぜんそく気味」
    「気管支が弱い」
    って言われたことあるけど
    どういう意味?
  • 夜だけひどいなあ
  • 朝方だけひどいなあ
  • 急患センターの
    常連になってるなあ

せき、ゼーゼー、ぜんそく

せき(咳)はただのカゼ、気管支炎、肺炎、ぜんそくまで様々な原因で起こります。なので聴診器を使って胸の音を診察することは欠かせません。気管支炎や肺炎の場合は抗生剤が必要であったり、場合によっては入院が必要です。ぜんそくであれば無治療で治ることは難しく、また数日治療すれば治るというものではありません。飲み薬や吸入薬などの適切な治療を適切な期間コツコツと行う必要があります。

大事な行事・受験前に発作が出てしまっては台無し。ひどくなって入院を繰り返すようになってしまっては大変。さらには成人になっても引きずらないように、小児期のうちにキチッと治療しましょう。

けが

お母さん・お父さんのお悩み

  • 頭を打った
  • コケた
  • おちた
  • ひっかかれた
  • かまれた
  • ぶつかった
  • たたかれた
  • やけどした
  • 虫に刺された
  • 草に負けた
  • 血が出た
  • 腫れた
  • 痛がってる
  • まったく子どもは大変だあ

けが

子どもとケガはセット。大なり小なりいつか起こるもの。ある程度のケガやヤケドであればたけ小で対応することができます。縫合やギプスが必要などの対応が必要な時は適切な病院へ紹介します。

見えてる?ズレてる?

お母さん・お父さんのお悩み

  • 目やに、充血やかゆみがあるなあ
  • 視力・・?気にしたことないなあ
  • 目を細めて見る
  • 目線が合わない
  • 首を曲げてモノを見る
  • 顔をナナメにして
    片目だけで見ようとする
  • 片目を隠すと嫌がる
  • 極端にまぶしがる
  • 両目のバランスがおかしい
  • テレビを近くで見がち
  • 迷路や塗り絵などが
    はみ出したり嫌いだったり、
    なんてこと・・ある?

め、めのズレ、弱視

目やにや目のかゆみ、充血での受診はよくありますが、“視力”や“目のズレ(斜視)”について意識したことはありますか?正直あまり頭になかったのではないでしょうか。3歳健診で視力検査は行いますが、残念ながら異常を見逃されることがあるのが現状です。

たけ小医師は弱視(視力の発達が障害された状態)のために幼少期に目の治療を行っていたため、早期発見早期治療の重要性はもちろん、目には特別な思い入れがあります。たけ小では生後6ヶ月以降であれば目の検査が可能です。予約は不要で、写真を数秒撮るだけ(早い!痛くない!泣くひまがない!)で近視、遠視、乱視、斜視の可能性を調べます。異常がある場合は眼科へ紹介して精査して頂きますのでご安心ください。

べんぴ

お母さん・お父さんのお悩み

  • もう何日もウンチ出ていない
  • 強くきばってるなあ
  • めん棒を使って
    出ることもあるけど・・
  • カンチョウ?したことないなあ
  • 薬を飲んだ方がいいのかな
  • でもカンチョウとか薬とか
    クセになりそうで心配
  • そもそも病院に
    行くことなのかなあ
  • 私も一緒に治してほしいなあ

べんぴ

便秘って結構大きな悩みなのに、誰に相談していいのか、どうしていいのか、そもそも病院に行っていいのか?という思いがありませんか。便秘は受診する立派な理由です。多くの悩んでいる方々が受診されています。便秘には様々な治療があって、治療することで安泰な日々が送ることが可能です。中には親子で便秘治療をされている方も。悩んでいるなら、治療でウンチも心も一緒にスッキリしませんか。

はく

お母さん・お父さんのお悩み

  • 突然吐いちゃった
  • せきの勢いで吐いちゃった
  • 水分をとらせても吐いちゃう
  • 何飲んだらいいのかなあ。
  • 少しでも食べさせた方が
    いいのかなあ
  • うつるのかなあ。
    点滴はいるのかなあ
  • いつから
    登園登校できるのかなあ。
    仕事休まなきゃ・・

はく

はく(嘔吐)原因として、ロタウイルスやノロウイルスによる嘔吐下痢症は有名ですが、実は嘔吐の原因は非常に多岐にわたります。細菌性腸炎(サルモネラ、キャンピロバクター、O157など)であれば、通常の嘔吐下痢症とは異なる治療が必要ですし、腸重積症の場合は緊急で大きい病院での治療が必要となります。

盲腸(虫垂炎)の場合は手術の検討が必要ですし、稀ですが胃十二指腸潰瘍、腹膜炎、急性膵炎、食物アレルギー、先天性消化管閉塞などの可能性もあります。お腹の病気ばかりを考えがちですが、頭の病気(片頭痛、頭蓋内出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、脳症など)や呼吸器感染、腎泌尿器感染でも吐く場合があるので注意が必要です。中にはセキ、ゲップ、便秘、不規則な生活習慣や異物を飲み込んでいるなど、意外なことが原因であることも。いずれにせよ、脱水や緊急性の有無を判断することは非常に重要です。

おなか

お母さん・お父さんのお悩み

  • 突然おなかを痛がる
  • 数日間痛みが続く
  • 激しいなあ
  • 軽いなあ
  • そもそも痛い?
  • 気持ち悪い?
  • なんだろう
    このつかみ所のない症状は

おなか

お腹の中には臓器がたくさん。小腸、大腸、胃、十二指腸、虫垂、膵臓、肝臓、腎臓、尿管、膀胱、脾臓・・何が原因かの診察はもちろん、継続して経過を診なければなりません。もちろん一緒にある症状も非常に重要です。はく、ゲリ、アザ、おしっこ痛、テスト前、試合前、発表会前などなど。

腸炎、便秘をはじめ、たくさんの病気の可能性を考えなければなりません。しかし結局おなかではないことも。実は背中でした・・実はおなかの下のパンツの中でした・・診察の時は痛くない・・なんてことはよくあることです。また年齢が高くなっていくと、心理的要因が関与している割合が増えてきます。

げり

お母さん・お父さんのお悩み

  • 水のようなシャーシャーゲリから形が崩れた柔らかいゲリ
  • ちょこっとゲリから
    オムツから溢れ出す大量ゲリ
  • 色のバリエーションも
    黄、白、緑、赤、黒と様々
  • うつるのかなあ
  • いつまで
    登園登校できないのかなあ。
    仕事休まなきゃ・・

げり

ゲリは嘔吐や熱などの他の症状を伴っていることも少なくありません。さらにはおしりがかぶれて赤くなってくることも。腸炎であることが多いのですが、原因によって対応は様々。またゲリの種類によっては緊急性があるものもありますので、しっかりと原因を探り、対策が必要です。

同時に脱水を起こしていないかの評価は非常に重要です。必要時は点滴を行う場合もあります。また抗生剤(抗菌薬)の投与で副作用であるゲリを引き起こしている場合もあります。その際は抗生剤の必要性を見極め、中止も含め考慮します。

でべそ

お母さん・お父さんのお悩み

  • おヘソが出てるけど大丈夫?
  • だんだん大きくなってきてる
  • 「そのままでいいですよ」
    「そのうちヘコみます」って
    本当?

でべそ

生後数日〜数週からおヘソがムクッと出てくる(でべそ)ことがあります。その場合は臍ヘルニアの可能性があります。出たおヘソは適切な治療でお腹の中に戻すことが可能です。

放置した場合は見た目の問題が出てきたり、手術適応となることも。その他臍炎、臍肉芽や尿膜管遺残といった病気があることも。おへそは意外と注目すべき場所なのです。

おねしょ

お母さん・お父さんのお悩み

  • オムツをやめて
    パンツにしたいけど
  • もうパンツを履いてるけど・・
  • まだおねしょしちゃう
  • この歳でおねしょをすることは
    どうなのかな?
  • 本人もなんだか申し訳なさそう
  • またシーツ洗濯しなきゃ・・

おねしょ

おねしょは特に原因の特定できないものの他に、様々な原因(ストレス、便秘、尿路感染症、糖尿病、尿崩症、後部尿道弁、尿管異所開口、発達障害など)が隠れている可能性もあります。おねしょは治療が可能です。

お泊り行事、集団生活やクラブの合宿が始まる前に、おねしょ治療をしてみてはどうでしょうか。

成長・発達

お母さん・お父さんのお悩み

  • 体重増えてない?増えすぎ?
  • 背は低い?高い?
  • 健診に行くと
    つい周りの子と比べちゃう
  • 母子手帳の
    成長曲線の見方がわからないなあ
  • 列に並ぶと背がいなあ
  • 気にしてないけど人から言われる
  • 首すわり、ハイハイ、
    おすわり、つかまり立ち、
    あるく、しゃべる、
    この時期にできてなきゃ
    いけないのかなあ

成長発達

子どもの成長と発達はやっぱり気になるものです。自分は気にしてなくても、周囲から言われることも(心配の気持ちはうれしいけど・・ね)。せっかくコツコツ記録した成長曲線なのに、誤った解釈をしていることもしばしば。一緒に成長曲線を見ながら、お話ししましょう。乳児健診も行っていますので、その機会を利用することも可能です。

おとな

お母さん・お父さんのお悩み

  • 子どものついでに
    親も受診できないかなあ

おとな

全く問題ありません。大人の方で通常のカゼや熱の他に、アレルギー性鼻炎、ぜんそく、便秘、貧血などで定期的に受診されている方は沢山おられます。お子さんの受診がなくても、大人の方のみの受診も可能です。“頑張りましたシール”も希望される方にはお渡ししますよ。

なんかおかしい

お母さん・お父さんのお悩み

  • なんかいつもと違う
  • なんか変
  • なんか不機嫌
  • はっきりと言葉では
    言えないけど・・
    何だろう

なんかおかしい

「何か分からないけど、何かが変」その感覚はとっても大事。誰よりも近くにいる人だからこそ分かる感覚です。しっかりと全身を診察して、何か隠れていないか探してみましょう。